fbpx

ブルーノートって何?

皆さんブルーノートは聞いた事ありますか? ブルーノートを知ればペンタがもっと楽しくなりますよ。

以前にペンタトニックスケールについての初~中級者向けに書きました。

【初~中級編】ペンタトニックスケールとは?

今回はそれに付随するお話です。

それでは見ていきましょう。

 

本日の一言

ブルーノートとはb3、b5、b7の事を指します。

 

3度と7度が下がったもの

まず基本はこれです。

メジャーペンタトニックスケールは 1 2 3 5 6 

マイナーペンタトニックスケールは 1 b3 4 5 b7 の音で成り立っています。これが分からない方は冒頭の記事のリンクに飛んでみましょう。

ここで、先ほど話したb3とb7という音はメジャーペンタトニックの中には入ってません。ブルーノートはマイナーペンタトニックにある訳です。

 

 

マイナーペンタトニックにはないブルーノートとは?

これが b5 の音になります。特殊なブルーノートです。

マイナーペンタトニックの5音に一つ付け足すもの、と考えると良いですね。

 

このb5だけが、付け加えられた音になる訳ですね。英語でアデッド・ピッチとも呼ばれています。

アデッドピッチ・ブルースメロディックスケールと呼びます。

4度と5度の間に挟まるので、この半音が3つ連続するところをうまく使ってやるとブルージーな雰囲気が強くなりますね。

 

工夫してフレージング

普通にこの音を弾いても構いませんが、このb5の音をうまく表現する方法として、

ピッキングの強弱を入れたり、スライド、ハーフ・チョーキング、ダブルストップなどのアプローチを取り入れる方法があります。

ブルージーなフィーリングをより掴めるように色々実験してみましょう。

 

本日の締め

ブルーノートとはb3、b5、b7の事を指します。

 

 

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【J】音楽理論

2019.1.15

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP