fbpx

インターバルを覚える極意、ひよこ

今日はインターバルというものをすっと覚えるコツを紹介します。

 

インターバルっていうのは、ある音とある音の距離のことです。

ド レ ミ フ ァ ソ ラ シ ド

はじまりをドとして見たとき、それぞれ 1度、2度、3度、4度、5度、6度、7度と 数字をつけて読むんですね。

 

ただ〜し、ピアノの鍵盤を見たことがある人はお気づきと思います!

黒い鍵盤が抜けているじゃないか?

 

実はインターバルには数字の前にある言葉がくっついて、いくつか種類があるんです。

大きく分けて2種類があります。

① 完全 っていうグループ

② 長とか短 っていうグループ

 

これが数字によって変わるので、少し覚えにくく、インターバルを諦めてしまいがちです。

ここで救世主登場!

 

ひよこパフェ

インターバルは、ひよこパフェと覚えておいてください。

 

1、4、5度(ひ、よ、こ)は完全(パーフェ(クト))

という意味です。

あと余ったやつは全て長短というグループになります。つまり2、3、6、7度は長とか短と呼ばれるんですね。

この長とか短っていうのは基本的に2つ存在することになっていますから、

短2度、長2度、短3度、長3度、短6度、長6度、短7度、長7度になります。全部で8個あります。

 

ということは、ひよこパフェの完全1、4、5度と上記を合わせると、11個のインターバルが生まれましたね。

あれ?1オクターブは12個あるはずだから1つ足りない・・と思ったあなた!鋭いです。

実は完全4度と完全5度の間に1つあるんです。これは増4度(もしくは減5度)と呼びます。

 

それでは上記すべてを最初から並べてみます。

完全1、短2、長2、短3、長3、完全4、増4(減5)、完全5、短6、長6、短7、長7

これで12のインターバルが出来上がり!

 

これらは中級者程度の皆さんはしっかりと覚えておいてください。あらゆる場面で役立つ、大事な基礎知識になります。

初級者の方は初めの数字の部分だけでも良いでしょう。

 

頑張って覚えられたら、ご自分へのご褒美に”ひよこまんじゅう”か”好きなパフェ”を食べて脳に関連付けて記憶しておきましょう。笑

糖分補給したあとはギターの練習頑張ってくださいね!

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【B】ギター中級者, 【J】音楽理論

2020.10.22

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP