fbpx

ギター指の向き、正しい向きとは

ギター弾く時に指の向きなんか気にしない? そんな強者もいるかもしれませんね。正しいフィンガリングってなんでしょうか・・

弾き易いと思っていたフィンガリングが、実は効率が悪かったりして? ちょっと心配もあるでしょう。

大丈夫です!この記事で見ていきましょう。

 

本日の一言!

指は自分の胸、または肩の方を向いていること

これが基本です。

よくある例

まず指の置き位置ですが基本はフレットの鉄線の真横です。

そして指の向きが先ほど言ったように自分の胸または肩の方を基本的には向くようにしてください。

まずは出来るだけ、で大丈夫ですよ。 意外に難しいでしょ?

 

指が自分と反対方向を向くと

かなり運指がしんどいです。

反対を向いているので指の適切な面で押弦ができず、音もきれいにならない。という良くないことが色々起こります。

逆にそれを修正していくことで、指は最小限の力で押弦ができるようになります。

 

悪い運指例↓

指は外向き、さらに反っていてよくありません

 

 

 

原因

よくあるのは指が大きい方で手の甲が、ギターネックから下に出過ぎな事です。こうすると自然と指が全体的にヘッド側に向く事になるでしょう。

1,2,3,4とクロマチックを押弦したときに、ほとんどの指が自分と反対方向を向いてしまっていますね

 

手とネックの位置関係ですが、人差し指の付け根あたりはネックに近づけて、他の指の付け根は空けておきます。そして親指がそのままネック裏の自然な位置にくるように調整してみてください。

実は指の向きを整えるには、手の位置自体を見直すことも大切なんですね。

 

良い運指

以下の写真を参考にしてみてください↓

またハイポジションでは指の向きが維持しにくいところがあります。

 

例外

たとえばコード演奏や、複音のフレーズ、特殊なストレッチなどをする時は、指使いに制限が生まれます。

そのため必ずしもすべての指が胸・肩方向に向くとは限りません。ですが、基礎のフィンガリングマスターには欠かせない内容ですので是非覚えてください。

クロマチックスケールやメジャースケール、ペンタトニックスケールなどを全てのポジションで、指の方向を気をつけて練習するのもおススメです。

 

本日の締め

指は自分の胸、または肩の方を向いていること

これが基本です。

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【A】ギター初級者

2019.1.3

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP