fbpx

【初級者必見】上達の盲点!楽譜をスマホでみると?

やりたい曲の楽譜、見つからない事ありますよね。そんな時はどうすればいいんでしょうか・・

YOUTUBEでの譜面動画。便利になりましたね。

 

最近はネットで調べれば何でもでてくるから便利ですよね。でも、知ってますか? スマホで楽譜を見るクセがあると、皆さんにもあるクセがつきやすくなっちゃうんです。

それでは見ていきましょう。

 

色んな楽譜がネットにある理由

私たち人間は面倒くさがりです。何度もこのブログで話しているように脳が変化を嫌うため、それが「フツー」なんです。

そんな私たちを救う為?にスマホには色んな楽譜があります。よくあるのは、Uフ○ットとかですが、他にも海外のTABサイトや、YOUTUBEの楽譜を流して再生する動画とか、画面が横流れしていくアプリなんかもありますよね。

これらは全てが悪いものではありません。でも多くが音楽の学習において推奨されるものでもありません。何で?

 

理由

ここでは主に初級者を想定していますが、中級者でもし当てはまる方は注意して環境の見直した方が良いかもしれません。

ギターを弾きながら小さな画面を操作する、この行為が楽器を扱いなれていない初級者には向かない理由です。

 

  • 小さな楽譜とにらめっこする
  • うまく巻き戻せない
  • うまく見たいところが表示されない
  • イライラしてしまう

 

お分かりのように上達の妨げになります。最悪挫折につながる危険もあります。

 

初心者に向いているのは

2ページから3ページで1曲の全体が収まっているギター用の楽譜です。でも、そんな楽譜中々ありませんよね。

そう実は自分で作るんです。面倒くさいですよね・・でも数十ページあるバンドスコアも、自分が演奏するパートだけをまとめれば、2~3ページになります。

そのままパラパラめくる手もありますが、こちらの方が圧倒的に初級者には向いています。

 

  • 2~3ページのギター用楽譜
  • 数十ページのバンドスコア
  • 5分横流しのスマホ楽譜

 

どれが効率的?

 

ネットでしか楽譜が見つからない

そんな気持ちも勿論分かります。バンドの決定でやむをえず、そういう楽譜に頼る場合もありますもんね。

でもネットにしかなくても、画面のスクリーンショットや写真をとるなりして、紙に印刷するとこんな楽譜をつくる事ができます!

↓ 生徒さんがYOUTUBEからスクリーンショットをして頑張って印刷。

スマホの横流し画面よりは、まだこの譜面の方が良いです。

これでひとまずはOK!頑張れば見れます。が、これでも全部で13枚もあります。

じゃん!

13枚もあるのは、繰り返し記号がなかったり、ムダに楽譜が大きいからです。工夫すれば3枚の楽譜にまとまりました。作り方は一回のレッスンでもお教えできます。譜面作成の時間はかかりますが、とても見やすいです。

もちろん楽譜が出来たからと言って、すぐ弾けるという訳ではないですが、この作業によって練習へのモチベーション、効率化が期待できます。楽譜作成も練習の1つと考えてみてはどうでしょうか

 

本日の締め

楽譜をつくるのが面倒なのはわかっています。でもこれをすると必要のない煩わしさから開放されやすくなります。

もし本屋さんに私の話しているようなレイアウトのギター楽譜で、皆さんが知っている曲の楽譜があればチャンスです

スマホによって「楽譜はネットにある無料開放されたもの」と思ってしまうのも今後によくありません。スマホでみる動画やアプリの楽譜・・便利なようで、危険が潜んでいるのを知っておいてください

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【I】上達の盲点

2018.12.1

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP