fbpx

上達が早い人の練習方法

毎日したら良い練習は?よくお受けする質問です。

バランスが大切とお伝えはしていますが、毎日したらいい練習というのは残念ながらあまりないように思います。

練習時間も人によって違いますので、ここで紹介する方法は皆さん自身でアレンジしてみてください。それでは見ていきましょう。

 

 

人間のクセ(特徴)を知ろう

これはつまり、人間の行動をつかさどる脳の特徴を知ることでもあります。

「毎日すればいいこと」という考え方は、いわば楽をしたい発想なんです。

一方、物事が上達した時って「色々試した」時に起きませんでしたか?

 

脳の本音

脳が好きなもの【慣れ】なんです。

脳が嫌いなもの【変化】なんです。

 

「昨日まで無事に生きてこれたから良かったじゃない・・今日も明日も一緒のままでいようよ・・」

これが私たちの脳の本音なんです。

 

 

毎日するべきは

ウォーミングアップでしょう。特に冬場は指がすぐに思う通りに動きません。

私はその時に応じて自分に必要なエクササイズを作っています。例えばコードトーンやストレッチなど、自分が向上させるべきものを含んだ練習を10分程行うようにしています。

でも、ここでも常に同じ練習が有効なのではありません。毎日キーを変えてはいますし、内容自体も1週間程度で変わって行ったり、数週間単位でローテーションする事もあります。

キーを変えるのが難しい方はテンポを変えたりすると良いでしょう。

 

 

部屋も頭も、整理しよう

私たち日本人は練習に関して真面目な方が多いんです。色んな練習法を探して、このブログに行きついて下さった方もいらっしゃるでしょう。

部屋が汚れていたらゴミが視覚に入ることで、無意識に集中力を奪われますだからギターの練習は掃除からはじめるのが大事です。

そして「今日は何を練習しようか」「今日はどうやって、ほんの少しでも上達をめざそうか」を考えて下さい。

私は自分だけのミュージックダイアリーを未だにつけて練習していますが、効果は十分にあります。ほんのひと手間ですから是非やってみてください。

 

日本人の素晴らしい学び方

 

 

練習の満足度の罠

たとえば練習時間が一日3時間している人がいたとします。

でもその事自体に満足してしまいがちです。実際、一日30分しか練習時間がなくても、内容によって上達はできます。

そんな人が3時間も練習するともっと上達できるんです。

 

さらに

同じ練習内容ばかりを3時間繰り返しするのではなく、30分×6セットの内容にしてみると更に効果が出るでしょう。

また練習ばかりでなく、ライブに行ったりセッションに行ったりしてみてください。家で3時間練習するより数十倍上達する刺激が得られる可能性があります。

そんな人が3時間も練習したらもっともっと、上達できるんです。

 

どんどん上達に向かうための変化を付けていきましょう。

 

 

本日の締め

・私たちは同じ事を繰り返すのが好きなのですが、練習に関しては「変化」が必要です

・ギターの練習は掃除からはじめましょう

・多くの人が練習する事自体に満足してしまうという罠にはまりがちです。自分に必要なものを見極めて行動できると、どんどん向上していけますよ。

 

自分にあった練習方法が知りたい方は是非相談してください。

 

BLOG, 【H】効果的な練習法

2018.11.11

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP