fbpx

【忙しい人必見】ギターの練習時間が少なくても上達できる思考法

普段の生活でやる事がたくさんありますね。時間がない人は上達できない?時間に余裕のある人しかギターの上達はできない?

このブログでも時間のない方の事を考えた記事を色々とご紹介していますが、今日は「どうすれば、練習する時間が短くても上達できるのか」というお話をしたいと思います。

 

こんな悩みをよく伺います

・お仕事が忙しい

・家事と仕事を両立している

・学校のテストが近づいている

・習い事が複数ある

 

次に私たちの持っているエネルギーの資源を考えてみましょう

・時間

・精神力

・体力

 

ないものからあるものへ

時間がない、これは現実的な資源不足のように思いますよね…。

でもお金と同じで「ない」と思うとある方に対しての意識が向かいません。

 

「 忙しいけど使える時間がないかな? 」

これを探し出してみませんか?

 

人の事ばかりではいけませんので、私の例を少しばかりご覧ください。

現在指導している音楽教室の1つが私の自宅からは2時間ほどかかります。

1日の勤務時間も長いため、移動時間は私にとってチャンス!と思っています。

電車の中ではこうやってブログを書いたり、SNSで発信したり、Kindleを使って読書をしたりして勉強しています。

練習している事があればメトロノームを流してリズムのタップ練習をする事もあります。また色んな音楽を聞きます。これも、私にとっては勉強のひとつです。

 

時間がたっぷりある事のデメリット

脳って本来すごい機能をもったものですよね。普段私たちが生活の中で使っているのはそのたかだかた数パーセントと言われています。

そんな人間の脳はとても飽き性、とも言われています。

 

1日10時間自由時間がある人と、2時間しか時間がない人がいるとしましょう。

 

10時間も自由時間があると、ギターも練習するけどTV見たり、電話したり、動画見たり… 色んな事に時間を使っちゃいますよね。

2時間しか時間がない人は… 何をしますか? 時間がない分大切に使おったら、ギターを弾く事が優先になる?かもしれませんよね。

 

でも2時間しか時間がない… という皆さんは、精神力と体力も1日に必要な量が不足している事も事実です。

そこでお勧めしたいのがこちらです。

 

自分へのご褒美としての練習

今日もたくさん頑張った自分へのご褒美として練習をしてあげてください。

 

「上達へ向かって練習できる」 素晴らしいと思いませんか?

そして時間がないからこそ、練習の価値が上がります。

 

1人でも多くに、この価値転換に慣れてほしいと思っております。

もちろん時間がある方は、今の時間をより有効に使っていけるようにすればいいと思います。

 

少ない時間をより効率的に使うための方法は、別の記事でもご紹介したいと思います。

 

本日の締め

・私たちには時間、精神力、体力があると思って「時間がない」と口に出す事で実際以上に制限をかけてしまいます。

・実は時間がない人の方が、練習の価値を感じていて上達が早い事もしばしばあります。忙しいご自分へのご褒美として考えてみるのはいかがですか?

 

 

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【F】忙しいギタリスト向け

2018.10.6

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP