fbpx

【忙しい人必見!】バカバカしいほど少しで効く方法とは

学校や塾、お仕事で家に帰ってくると体力的にも辛いし、時間的にも夜アンプで音を出す事はできないし…

今日はもうギター弾くの諦めよう。って言って明日も明後日も繰り返して、気付いたら1週間に1回もギターに触れてない、なんて事ありますよね。気持ちだけ焦っても上達できないし…

どうしたらいいのでしょうか?

 

対処法

ずばり!

バカバカしい程小さな習慣を行う事です。

 

どれくらいバカバカしい?

私はよく運動を遠ざけてしまいます。必要性は感じているんですが、色々な言い訳を考えては何も出来ていませんでした。

そこで、腕立て伏せ1回を毎日の目標にしています。

バカバカしいですよね、効果あるのか?と思います。たった一回です。

 

効果あります

1回を目標にすると、あともう1回くらいしようかな…という気分に脳がなりやすくなります。

体調悪いし、しんどいから本当に1回でもいいや…それでもいいです。

「弾きたいけど…」ーこの「けど」という実際に弾きたい気持ちに対する抵抗を出来るだけ小さくしてください。そのために、ちょっとギターを弾くだけでいいんです。

 

私も今日は0時丁度に帰宅して若干疲れ気味な状態でブログを書いていますが、あっとこの思った瞬間にタイプを止めて一回腕立てしました。

あっと思ったほんの2、3秒で出来ます。どんなに時間が無い方でもそれくらい時間がないなんて秒レベルで忙しいなんて方はきっとこのブログ読んでませんよね。

 

ギターの場合

・1分間ブラッシングで右手を振る

・10秒間カッティングする

・1回だけコードを鳴らす

こんなバカバカしいくらい簡単な内容で大丈夫です。

 

理由

何でそんなことで効果があるの?これには理由があります。

やらなくちゃいけない…練習しなきゃ…が主な思考になってしまっている人は、実際中々練習に移せないそうです。

一方、バカバカしい程小さい事をやった方がむしろ脳には抵抗感がなく簡単なので、結果的に練習に結びつきやすくなるのだそうです。

前者は、気持ちだけ焦燥感に煽られて結局何もできてない 精神力だけ浪費してしまう非常に勿体のないパターンなんです。

後者は、やりはじめの時点でストレスがなく、良い結果も得られるパターンなんですよ。

 

一点注意!

これは忙しくて全く楽器が触れない方向けへの対処法です。普通に普段、練習している人がこれをやると逆に練習時間が減ってヘタになってしまう可能性があるので気を付けてください。

いづれにしてもつい後回しにしてしまう苦手な事がある場合にも使える方法ですので、ぜひ有効活用してもらえたらと思います。

 

本日の締め

・バカバカしい程小さな習慣をはじめましょう

・いそがしくて練習できない…を考える暇が1分でもあったら、その間に一度だけでもカンタンなコードを鳴らしましょう。それだけで十分です。

 

 

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【F】忙しいギタリスト向け

2018.8.20

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP