fbpx

【初心者必見!】2種類のリズム オモテとウラ

「リズム感」って言葉よく言ったり、聞いたりしますよね。リズム感を向上するのに避けて通れない2種類のリズムをご存知ですか?

 

2種類のリズム

これがタイトルにも書いた、オモテとウラの事です。

音楽って数えようとしたとき 1,2,3,4 って数えますよね。

 

まずオモテが来て次にウラが来て、またオモテ、ウラ…という風に繰り返します。

1がオモテ、2がウラ、3がオモテ、4がウラという風に考えて下さい。

 

弾きながら確認する方法

8分音符のオルタネイト・ストロークをするときはダウンストロークで弾いているのが表拍で、アップストロークで弾いているのが裏拍といいます。

 

足を踏んで数える

足を踏んで数えたい場合はお勧めなのが、足のつま先で数える事です。

かかとはあげずにつま先だけで踏んでください。つま先が上がったり、地面を踏んだりしますよね。

1,2,3,4と踏んでみてください。

 

すると、1の次2を踏むまえに足をあげますね。

この時に”と”っていうんです。英語でいうときは “and”(エンダァ)というといいでしょう。これが裏拍です。

 

注意!

4分なのか、8分なのか、16分なのかでウラの位置が変わってきます。

何故注意なのかというと、4分音符の時ウラだったものが、8分音符の時はオモテだったりするんです。どういう事か確認していきましょう。

 

 

・4分音符

オモテは1,3拍目で ウラは2,4拍目という事になります。

 

 

 

 

 

・8分音符

オモテは1,2,3,4 で ウラは 全ての ”と” に当たります。

一般的にウラというと、この8分音符のウラを指す事が多いようかと思います。

 

しかし何分音符のウラかを明確に意味するために「8ウラ」(ハチウラ)などと呼ぶことがあります。

 

ちなみに英語で数えるときは8ウラは「エンド」と数えると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

・16分音符

1ととと… これは数えにくいです。なので16分音符の時は英語にします。図のように1 e and a、2 e and a、3 e and a、 4 e and a(ワン イー エン ダー、ツー イー エン ダー…)と数えれば数えやすくなるでしょう。数字の後に イー・エン・ダーと続けます。

この時は ”e” と ”a” が16ウラという事になります。

これは別の「胃炎だ~」です

 

本日の締め

・リズムには2種類あることを覚えておきましょう。

・8分音符のオルタネイトストロークをするときはダウンが表、アップが裏のリズム

・4分音符を指すのか、8分、16分音符を指すのかによってオモテとウラの位置が変わります。

 

 

 

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【A】ギター初級者, 【K】リズム

2018.8.18

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP