fbpx

【初心者必見!】正しいパワーコードの押さえ方

パワーコードを押さえたい、もしくは弾けるけどキレイに音がならない、といった方へ向けた記事です。

(今回ご紹介するパワーコードはエレキギター向けのものです)

パワーコードがどんなものか簡単に説明しますと、ド ミ ソ の3音でできている「C」コードがあります。

それに対し、パワーコードは3番目の音がありません。つまりドとソの2音だけです。

 

実は難しい?パワーコード

パワーコードは意外と押さえるのが難しい。中級者でも綺麗に押さえられていない人が結構います。

私もいつも綺麗に押さえようと意識しながら弾いています。

 

2本の指を正しく置く

2本の指で押さえるだけでも、はじめは大変ですよね。慣れている人も、「時々音が汚くなっちゃうんだよな~」という方。

この記事に詳しく書きました。実践して一緒に改善していきましょう。

 

 

 

手順

まずは自分の体とギターボディを密着。ネックを地面と平行に構えて下さい。

人差し指を6弦の1フレットにおきます。

 

当たり前ですが、まずちゃんと座れていない・構えられていないと練習もはかどりません。

写真では少し斜めに指が置かれています。指先が自分の脇の方を向くように指先で押さえます。

この時点では大体適当に指を置けば問題ありません。指先は音が出るぶんだけ力を入れれば大丈夫です。

次に薬指を5弦3フレットにおいてください。

これで2本の指がフレットを押さえていますが、ここで薬指の方に意識をもっていきましょう。

ここで気をつけたいのが指の関節です。指の関節が伸びてしまわないように気をつけましょう。軽く曲げておくのが肝です。

 

押さえている2本の弦を弾きます。

綺麗になっていなかったら、何度かやりなおして正しいフォームを作っていきましょう。

 

 

手首に気を付ける

この時点で手首などは痛くありませんか? もし痛ければ、手のひらをネックから少し離してみましょう。すると指と手首の角度が変わって少し楽になると思います。

手首の痛さが顕著な場合、即座に練習を中止しましょう。無理は禁物ですので、休憩しながら慣れてください。

 

 

 

× 良くない押さえ方

写真1のように両方の指が斜めに傾いてしまうのは綺麗な音が出にくくなってしまうためいけません。

写真1

 

それからよくあるのが写真2のような押さえ方です。先ほども書きましたが第一関節が潰れてしまうもしくは伸びてしまっている押さえ方。

このような押さえ方は指を痛めてしまうことになりかねません。第一関節が軽く曲がるような押さえ方をしてあげましょう。

写真2

 

最後にもう一度、正しい押さえ方の写真を参考にしてください。

 

 

本日の締め

・パワーコードは人差し指と薬指を正しく置いてください

・人差し指は自分の脇を向くように押さえてください。

・他、諸注意事項に気をつけてください

 

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【A】ギター初級者, 【P】人気記事

2018.7.7

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP