fbpx

全ギタリスト必見!3種類のマイナースケールとは?

マイナースケールありますよね。メジャースケールの6番目からはじめるやつの事ですが、実は3種類あるのをご存知ですか?

これは全て現代のポピュラー音楽のしくみを理解するために大切なので、ぜひ知っておきましょう。ご自身にあった段階に応じて理解していってください。

それでは見ていきましょう。

 

 

はじめての方

3種類の名前だけ覚えましょう。

 

  • ナチュラルマイナースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

 

全部マイナースケールが名前に付くので、「ナチュラル」「ハーモニック」「メロディック」の呼び方だけしっかり覚えておきましょう。

 

 

覚えれた方

 

それぞれの音の成り立ちを覚えましょう。

そもそもナチュラルマイナースケールですが、メジャースケールの3番目と6番目と7番目が半音下がったものでした。

 

これの7番目を上げるとハーモニックマイナースケールになります。この7番目の高くなった音を導音(どうおん)と呼びます。

 

すると6番目と7番目の間が広がっちゃったんです。(6番目は下がってるのに7番目は上がってるからです)なので6番目も上げてあげるとスッキリ。これがメロディックマイナースケールです。

 

 

ここまで理解できたら中級者です。

 

 

こんな覚え方もある

メロディックマイナースケールは、ナチュラルマイナーの6番目と7番目を上げたものという事になりますが、結局のところメジャースケールの3番目を下げただけなのと一緒なんです。分かりますか?

 

ね?

 

 

準上級者の方

それぞれの違いがハッキリと分かるように、スケールを弾く練習をおこなってください。

それにはまずCメジャースケールを1本の弦につき3音弾くポジションのスケールを練習してみましょう。

 

Cメジャースケール

 

Cナチュラルマイナースケール(3、6、7番目の音が下がりました)

 

 

Cハーモニックマイナースケール(7番目の音が上がりました)

 

 

Cメロディックマイナースケール(6番目の音も上がりました。結果、メジャースケールの3番目が下がったのと同じです)

 

 

 

本日の締め

はじめての方は3種類のマイナースケールの名前を知っておきましょう

覚えれた方はそれぞれの成り立ち方を覚えましょう

それも理解できた準上級者の方はスケールを弾いて、それぞれの変化を把握しましょう

 

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【B】ギター中級者, 【J】音楽理論

2018.11.18

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP