fbpx

【大人のギタリスト必見】注意!上達しない大人のギタリストの特徴

シニアの方へのレッスンをたくさん分析してまいりましたが、大まかに2つのタイプの生徒さんがいらっしゃいました。そしてどちらのタイプであっても、改善や考え方をすこし転換するだけで上達もしやすくなるという結果が多く出ました。

今回はシニア世代大人向けのギタリストに特化したものですので、当てはまらない読者の方もいらっしゃるかと思いますが、当てはまりそうな方は是非読んでみて下さい。

 

 

2つのタイプ

大きく分けて2つのタイプのギタリストがいます。

  •  タイプ1 新たな学習を受け入れる態勢を持てる
  •  タイプ2 新たな学習を受け入れる態勢が出来ていない

 

以下に学習において起きがちな事項を書いています。それぞれに上達におけるどんな特徴があるかという事を知ってください。

 

 

疑問に思った事

タイプ1の方は、今までお持ちになっていた疑問が解決されやすい状態です。

タイプ2の方は、疑問を解決するのに葛藤が起こり、理解に時間がかかりがちな傾向があります。

 

勘違いしていた事

タイプ1の方は、今までの勘違いしていた知識に対して修正しようと考えられます

タイプ2の方は、「でも」がクチ癖になってしまう事が多く、修正せずに自分のやり方で何とかしようと思います。

 

楽器の上達

タイプ1の方は、変化を伴いながらゆるやかに上達できます

タイプ2の方は、同じ間違いを繰り返しがちで、時間がかかります。最悪指導自体に支障をきたし、習得できません。

 

 

ギターで成長できる方法

そこで、シニアの方がより良いギター学習を推し進める事が出来るようになるための3つのポイントをいくつかお話しますので参考にして頂ければ嬉しいです。

 

1・ 今までと違う変化があるから上達できる

 

2・ 成長するために関係がない事を知っておいてください

 「才能」「年齢」「性別」「過去の経験」「自分の短所」

 

3・ 成長するために大事な事を知っておいてください

 「夢」「希望」「うまくいかない事のストレス」「楽しむ」「新たな学習を受け入れる姿勢」

 

※ストレスは実は上達のバネとなる大切なものです。

 

 

本日の締め

三十代講師の私が人生の先輩である方々にこのような記事を書くにはためらいもありましたが、これを見て頂いた方に1人でもギター上達して頂けるには・・と考え記事を書きました。

ギター上達への3ポイントを理解できているかを確認し、よい先生や音楽を演奏仲間の方と出会える事を心より願っております。

 

 

BLOG, 【D】大人のギタリスト向け

2018.11.17

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP