fbpx

初心者と中級者って何が違うの?

「初心者と中級者って何が違うんだろう…」

「どのくらいになったら中級者?」

「何年もギター弾いてるけど、私ってもしかして初心者?」

気になるものです。人によって定義にも違いがあるため主観は多くなりますが私のブログなので何分ご了承頂けたらと思います。

ギター上達を目指す方のご参考になれば嬉しいです。それでは見ていきましょう。

 

定義は人それぞれ

これが中級者だ!という厳密な定義や決まりはありません。

しかしどこかで差をつけないと学習する内容が難しすぎたり、簡単すぎたり・・

こういう問題が起こりますので、ある程度の基準をみて線引きすることが必要です。

 

よくある中級者の勘違い

当然ですが、ギターをはじめた日からが初心者。よくある勘違いが

ある程度指が動くようになってきたら中級者」や「ギター歴が長ければ中級者」という考え方です。

ところが残念ながら実際に拝見すると、初心者レベルのまま・・という事がしばしばあります。

 

わかりにくい、本当のうまさ

本当のレベルとは、表面に見えるものだけでは判断できないのです。

たとえばギターのテクニックや表現力は目立つけど、楽譜が全然読めない。こういうギタリスト、実は多いんです。(ドキッとしませんか?)

一定のところまで上達はしますが、かなりの高確率でどこかで上達が止まります。

 

上達とは

ギターを演奏する上では、様々な音楽能力のバランスがとれているのが大切と、よくお話します。

なぜかというとそれは、上達とは「上に達する」と書き、その意味は基礎の上に作られていくと考えるからです。

 

 

初級の基礎項目

以下に初級者のための基礎項目の一例を書き出しておきます。

 

・基礎的な指使い

・テクニック(スライド、ハンマリングオン、プリングオフ、チョーキングなど)

・メジャースケール、ペンタトニックスケールを把握

・ダイナミクスやアーティキュレーションなどの表現力

・コードネームや度数などが理解できている(音楽理論)

・リズムの種類が理解出来て、書いてあるリズムが弾ける

・簡単な読譜

 

 

中級者への指標となるもの

 

「中級者とは何か・・自分に足らないものは何か?」

それを求めてこのブログに辿り着いた皆さんに今の自分を変える良い機会」に以下の自己採点方法をご提案します。

私が教室でレッスンを行う生徒さんに対して2ヶ月に一度、上達の基礎6項目をグラフ化したものを使って今のレベルを「目で見て」確認して頂いています。

今回はこれを使って自己採点してみましょう。

 

プリントアウトして、各項目を5点満点で採点しグラフを作ってみてください。

(こういった評価は本来であれば皆さんのレベルを正しく評価できる先生に作ってもらったりするのが良いですが、先生がいない方は自己採点してしまっても構いません。)

 

 

出来ている項目と、出来ていない項目を自分で考えてバランスを見直してみてください。

 

 

結論

永遠と好きな曲やソロだけを練習していても本当の上達はできないと考えて良いでしょう。

自己採点をして、今の自分のレベルを見直してください。

リズムの理解、音楽理論の理解、読譜能力なども日々の練習に取り入れ、バランスをとっていきましょう。

 

「わかってるけど、難しいねん!」という声が聞こえてきそうです。よく、わかります。

そんな方に向けてこちらに中級レベルになるための、ちょっとしたコツを書きました。

初心者が中級者になる方法

 

実際に当ギター教室で初級者から中級者になる人がどんな事を練習しているかをこちらに書きました。

ビギナークラス

 

本日の締め

成長がストップしないように、バランスをとって練習してみてください

 

無料体験レッスンはコチラからお申込み下さい。

BLOG, 【G】向上への心得, 【P】人気記事

2018.6.27

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP