fbpx

エレキギターとアコースティックギターの違いとは?

ご覧いただきありがとうございます。

 

今日はこれからはじめて楽器をされるという方向けに

エレキギター、アコースティックギターの違いをご説明したいと思います。

 

エレキとアコースティックは構造が全く違うのですが、

弦の数やチューニング(合わせる音)は共通です。

 

なので、途中で持ち替える可能性があっても

初めから全てを覚え直す必要はないのでご安心ください。

 

 

エレキギターはこちらです。

同じエレキギターですが右は子供用向けのミニギターです。サイズや形も様々あります。

持っていただくと分かりますが、ボディは木がつまっており少し重く感じられるかもしれません。

これは皆さんすぐに慣れるので心配いりません。このシェイプのギターはストラトキャスターと呼びます。

 

弦を張る部分のナットからブリッジまでの長さをスケールと呼び、左の大人用ギターは647mm(25 1/2インチ)右のキッズギターは570mm (22 1/2インチ)

のサイズになっております。メーカーやラインナップによって多少異なることがあります。

 

 

 

 

 

 

アコースティックギターはこちらです。

こちらはどちらもレギュラーサイズですが、形が少し違いますので、抱え心地と音も違います。

 

左のくびれたタイプは フォークタイプ 右のどっしりとしたタイプは ドレッドノート と呼びます。

エレキギターを始める場合にはアンプ、シールド(ギターとアンプをつなぐコード)、チューナーやスタンド(楽器用と楽譜用)も必要ですので、はじめはセットでのご購入を勧めます。

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【A】ギター初級者

2018.3.25

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP