fbpx

すぐにギターの弦の音の覚える方法

ギターの弦の音、簡単におぼえれる方法があります。ひとつひとつ地道に覚えても良いですけど、手っ取り早く覚えちゃいましょう。

その前に押さえておきたい事があります。見ていきましょう。

 

本日の一言

・ドレミは実はイタリア語。ギターの音は「家で地ビール

 

ドレミって何語?

普段私たちが使うドレミファソラシドはイタリア語です。

そしてこれらを音楽ではアルファベットでも呼びます。 C D E F G A B

なぜCから書いてあるの? と思った方は鋭いですね。それは

ド = C と決まってるからです。

 

ギターの各弦の音

ギターにある6本の弦は、それぞれに何の音に合わせるべきかが決まっています。

 

【6弦 - E 】(一番上の太い弦)

【5弦 - A 】

【4弦 - D 】

【3弦 - G 】

【2弦 - B 】

【1弦 - E 】(一番下の細い弦)

 

「・・・」

大丈夫!簡単に覚えられる方法があるんです。語呂合わせで覚えましょう。

 

家で地ビール

 

「家で地ビール」を伸ばして発音します。

イー エー デー ジー ビー イー (ル)

E A D G B E ・・あら不思議、ギターのチューニングになります。(最後の”ル”は語呂合わせのための付けたし)

これで6弦から順番に音がすぐに覚えられると思いますよ。

 

ビールは練習いっぱいしてから、美味しく飲んでください(笑)

 

本日の締め

・ドレミは実はイタリア語。ギターの音は「家で地ビール

 

初心者の皆さん、チューニング頑張ってくださいね。

他のチューニングについての記事はこちら

 

 

BLOG, 【M】チューニングについて

2018.3.18

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP