fbpx

初心者が中級者になる方法

どうやったら中級者になれるんだろう?っていうかその前に初心者と中級者の違いって何?以前にこちらの記事で初心者と中級者の方の違いについて書きました。

この記事、結構人気で未だにアクセスが続いています。

この記事ではどうやっていったらスムーズにレベルアップして中級者になれるのか?という事を書いています。

レベルアップしたい初心者さんの参考になればと思います。

 

お断り

以前もこの記事でお話しましたが、中級者の定義も人によってまちまちです。

この記事はBirdseye Guitar Schoolという、いちギター教室のグレード(級)に対する考え・方針になります。

その点をご了承頂いた上でご覧いただければと思いますが、では、どうやって中級者になればいい?というと、

 

ぬるっと中級者になっていけばいいんです。

いや何、ぬるって?

 

何かひとつから

ギターのスキルアップにはいろんな項目がありますよね。

そこでおすすめなのが、得意な何かひとつのトピックで中級レベルになることです。

 

あなたはどれ?

前回書いた記事の中で紹介した中級者の習得項目の例がこちらです。

 

・テクニック(正しくフィンガリング、チョーキング、スライドなどできる)

・メジャースケール、ペンタトニックスケールを5つずつ弾ける

・表現力がある

・コードネームの意味が理解できる

・リズムよく演奏ができる

・簡単な読譜が出来る

 

大抵の場合「テクニック」(≠楽曲演奏力)が一番先に、中級レベルになるでしょう。

必要性の分からない読譜や理論、、いきなりこんなものから伸ばしていく必要はありません。

どれか一番得意なものから伸ばして中級レベルを目指しましょう。

 

その次からが大切

では!あなたが次に得意そうなのはどれですか?

それに取り組むんです。先生についている方は、得意なものからバランスよくご指導くださるのではないかと思います。

でも本当の問題は皆さん自身がそれを必要と思えているかどうかなんです。

残念ですがテクニックばかりを伸ばしていても本当の上達は望めません。

でも、堅苦しい基礎ばかりでも上達できません。

 

だから

必要なものは必要なので最終的に出来るようになれば良いのです。まずは得意なものから伸ばしていきましょう。

そして徐々に色んな項目の大切さを本心のレベルで理解していってほしいと思います。

「こんな事やっても意味ね~よ・・」と心の中でつぶやいている内は、本当にまだやらなくても良い段階(初心者でよい段階)なんです。

でも「これじゃダメだ・・」「やっぱり必要かな」と思えたら、それがやる時、上達する時になるでしょう。

 

頑張って!

自身の課題がしっかりと見えるようになるとギタリストは「ぬるっと上達」ではなく「加速上達」出来るようになります。

これは過去に沢山教えてきた教え子たちが教えてくれた、紛れもない事です。私自身もそうだったように思います。

 

 

本日の締め

・まず何かひとつのトピックで、中級レベルを目指す

・その次に出来そうな得意な別項目にチャレンジしよう

・苦手な項目の大切さが心から理解できるようになれば、成功です。どんどん上達していけるようになりますよ

 

当教室の初級(ビギナー)〜中級(コア)の具体的なカリキュラムはこちらをご覧ください。

Birdseye GS カリキュラム(ビギナー編)

 

 

 

BLOG, 【G】向上への心得

2018.10.30

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP