fbpx

簡単なコードアレンジの仕方

オリジナル曲ができたら、コードこれでいい?とか考えたりしますよね。

元教え子の8弦ギター

 

そんな時にコードを変更する選択肢を知ってると便利です。

この時点で「ダイアトニックコード」と「トニック、サブドミナント、ドミナント」が理解出来てない方はブログカテゴリの「音楽理論」から飛んで復習して下さい。

 

それではいきましょう。

 

こんなコード進行の場合

Cメジャーキーのコード進行です。

C  G  Am Am

F  G  Am C

 

1小節ずつ適当なリズムを入れてみると、普通によくある感じのコード進行と思います。

はじめての作曲は多分皆さんこんな風にコードを並べるのではないかと思います。

 

コードを置き換える

コードを置き換える方法があります。その中の代表的なものがトニックなら同じトニックのコード群から合うのを選ぶというもの。

サブドミナントとドミナントも同様です。

トニック Ⅰ Ⅲm Ⅵm (キーCだと、C,Em,Am)

サブドミナント Ⅱm  Ⅳ (Dm,F)

ドミナント  Ⅴ (G)

 

置き換える

C  G  Am Am

F  G  Am C

 

これを

 

Am  G  C  C

Dm  G  C  Am

 

こんな風に変えたり出来るんです。

この置き換え方には、ダイアトニック・リハーモニゼーションという名前が付いています。

 

本日の締め

シンプルなコード進行を置き換えるための方法、ダイアトニック・リハーモニゼーションというものを紹介しました。

トニックなら同じトニック、サブドミナントならサブドミナントの他のコードを使って見ましょう

 

 

バーズアイギタースクールご紹介

BLOG, 【J】音楽理論

2018.12.11

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP