fbpx

【準上級者向け】ダイアトニックコード

「キーってどうやって分かるんですか?」

「曲にどうやってコード付ければいいんですか?」こういった質問をよく受けます。

第一の答え、それはまず12キー全てのダイアトニックコードを知っておくことです。

 

 

 

12個のキーが分かるとどうなるの?

曲には必ずといっていいほどキーがあります。(一部の現代音楽などは省きます)

そしてキーにはパターンが基本的には12通りあるという事です。

「このキーにはこのコードが使える」と知る事が大切です

 

キーのコードを知るためのポイント

 

2つの知識を結びつけて導く方法を知るのが大切です。

 

以前も何かで書いたと思いますが、忘れるのは構わないですが、導き方を覚えておきましょう。

そうすれば思い出す事ができます。

 

ではその2つの知識とは何かといえば、

ローマ数字と、各キーの構成音

 

この2つです。

 

 

①ローマ数字

 

Ⅰmaj7 Ⅱm7 Ⅲm7 Ⅳmaj7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7b5

 

これを活用します。

 

②各キーの構成音

 

たとえば キー Gメジャーの時の構成音は

G A B C D  E  F# となります。

 

 

上の2つを結びつける!

キーの構成音にローマ数字で書いたコードをすぽっ!とあてはめれば、キーGのダイアトニックコードが完成します。

 

Gmaj7 Am7 Bm7 Cmaj7 D7 Em7 F#m7b5

 

この7つがキーGの時に使用できます。

以外に・・簡単でしょ?

 

 

これを12個のキーで行う。

ここまでの内容が理解できた方は、のこりのキーダイアトニックコードを考えてみて下さい。

 

 

補足:以下は復習にごらんください

【キーについてその1】曲のキーの仕組みとは?

【初心者必見!】ダイアトニックコードとは?

【中級者必見!】ダイアトニックコードって何?

 

 

本日の締め

・ダイアトニックコードを全てのキーで知るには覚え方も然ることながら、導き方が大切です。

・導き方は、ローマ数字 と 各キーの構成音を結びつける。これをまずしっかり覚えて下さい。

・12個のキーでのダイアトニックコードを書き出してみましょう。

 

BLOG, 【B】ギター中級者

2018.10.22

コメントはこちらからどうぞ


CAPTCHA


TOP